RSS

アラサー女性の転職が難しい理由

戦後から続いてきた会社勤めの定年制は徐々に崩れているので、転職することは当たり前になってきており、ジョブチェンジによりさらに良い会社へ移りたい人も少なくありません。

いま在籍している企業に何らかの不満があるのはサラリーマンであれば否めない部分ですが、何となく辞めてしまってから就活すると、結果はキャリアダウンするだけでなく、正社員にすら就くのが難しくなることもあり得ます。

特にアラサー世代の女性の転職は色々な理由で難しくなっています。そもそも企業の器が良かったので、ある程度の給料は保証されていたとしても、自分のキャリア自体が全く育っていなければ、転職市場では全く武器になりません。

会社を辞めて、いざ職探しをして面接時の冷たい待遇にあってからでは遅すぎるのです。まずは自分がどの程度のキャリアを積んできたのか、今在籍している会社以外で果たして通用するのかどうか、客観的に調べる必要があります。

ざっくりいうと、自分には市場価値があるのかどうか見極めることです。だれでも簡単にこなせる仕事であれば、正社員のキャリアが必要されていない現場が増えてきています。契約社員を使いまわしているほうが、企業によっても経費を削減できるとみなしている所は多いです。

一度会社を辞めると再就職が難しい女性特有の理由

別の理由は女性特有のものです。

それは結婚に伴い出産や子育てを理由とした退職です。一度退職してしまうと、新たな生活リズム(子育て中心)が身につくので、なかなか元の待遇の会社を見つけるのは至難の技です。おすすめなのは退職ではなく『休職』を活用することです。

法律で守られているので、誰に圧力を受けようとも退職する必要はありません。もし現時点で既に退職してしまったならば新たな職探しが必要になります。数年前と違って進歩している点もあります。ネットがこれだけ発達したので、上手に仕事を見つけられるようになった点です。転職サイトやエージェンシーはより自分に合った職を見つけるのに役立ちます。

[関連情報] 30代からの女性の転職を応援しているサイト

探し方にもコツが要ります。特に重要なのが『何を最優先して職を探すか』です。

人によっては今まで培ってきたスキルを役立てたい人もいますし、一方そこまで十分に発揮しなくても自宅から近ければ子どもの世話も十分にできるので安心、というタイプの方もいます。それぞれ適性があるので、自分に合った仕事を見つけましょう。

人によっては仕事は探すけど出勤はしたくないタイプの人もいます。フリーランスや在宅ワークという選択肢もあります。主にPCを使ったリモートワークが中心となります。この場合、一番手っ取り早い方法は、やはり以前の職場に連絡することです。

元の職場でどれだけ必要とされていたかにもよりますが、退職してからさほど時間が経過してなければ、在宅出勤や外注という形式でも可能なので、遠慮せずに以前の職場にも連絡してみるのはいかがでしょうか。

※今回の記事は中国語学習とはあまり関係がありませんが、なんとなく書いてみました。

広告
 
アラサー女性の転職が難しい理由 はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2017/05/20 投稿先 個人的なこと

 

中国語学習には教室に通うという選択肢もある

中国語を上手に話せるようになるためには色々な方法があると思います。自分一人で学ぶとこもできますし、留学することなんてのも可能です。恐らく達成したい目標とか、学習のために使える資金力などが関係してくるのでしょう。

もしできるならば教室に通うことをすすめたいと思っています。なぜなら中国語は馴染みの薄い言葉なので一人で学んでいると挫折してしまいやすいからです。

その点、教室に通うならば先生が直接教えてくれるのでどうやって学べばよいのか分かりますし、難しい所も納得のゆくまで説明をしてくれます。もちろんただ通えば良いというのではなく、上手に教えてくれる先生に習う必要があります。

そうすれば大抵の場合は上達できるのではないかと感じています。もちろん本人の努力も必要です。何もせずに上手になることはないので先生の言われたとおりに練習したり予習復習も欠かせません。

本来の語学的にセンスは成長を早めるものになりますが、普通に会話を楽しみたいのであればある程度の時間真面目に学べば報われるのが言語学習の特徴でもあります。

 
中国語学習には教室に通うという選択肢もある はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2014/09/21 投稿先 中国語学習

 

中国語教材ランキングも色々だけど

中国語学習者にとって中国語教材は上達の近道になることがあります。ただどのように教材を探したら良いのか分かりませんよね。

最近はネットで探すのが便利ですが、「中国語教材ランキング」で検索をかけてみると次のようなサイトをグーグルは紹介してきました。

「中国語教材ランキング何とか」

サイトを良く見てみると確かに教材のランキングになっているようですが、中身を見ると・・どうも怪しげなサイトを紹介しているようです。試しに見てみましょう。

うーん、何とも胡散臭いですね。「10日でマスター」って一体何なんでしょうか?これで16,800円は高いなぁ。教材の良し悪しが分からないので他のサイトも調べてみると・・評判は悪そうですね。

いわゆるタイトルで「釣って」買わせているのでしょう。これでこんなに高いなんてどうなんでしょ?努力もせずに手っ取り早く中国語を身に着けたいなんて動機も不順ですが、紹介する方も紹介する方ですね。

何でこんなサイトをグーグルは紹介しているのでしょうか?検索エンジンなんて所詮まだまだこんなものなんですね。

愚痴をこぼしてもあれなので、ここは消費者が賢くならないといけないですね。

気になったのはこちらのサイトです。
でも、ランキングって変わるんですよね。なのでリンクは消しておきましょう。

 
中国語教材ランキングも色々だけど はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2014/09/06 投稿先 個人的なこと